トップページ > 探偵とは

探偵とは

探偵といえばどのようなイメージを浮かべるでしょうか。ミステリー小説のように事件捜査に携わるイメージでしょうか、それとも浮気調査などを行うイメージでしょうか。知名度が高い割にはその実態があまり知られていないものです。

探偵とは調査業のひとつで、顧客の依頼を受けてさまざまな調査を行う職業のことを言います。小説の中では私立探偵がよく活躍しますが実際には個人で活動している探偵はほとんどおらず、たいていは探偵事務所や興信所に所属して働いています。

この探偵になるには原則として資格はとくに必要ありません。それが逆に探偵という職業に対する信頼やステータスを低くしてしまっている面もあります。ただし、公式な資格ではありませんが、探偵学校などがあり、そこを卒業すると卒業証明書を受け取ることができ探偵事務所や興信所への就職が有利になることもあります。

探偵業において大きな問題となっているのが顧客のプライバシーの維持です。素行調査などを行う際にはどうしてもプライバシーに踏み込む業務を行うことになりますが、その保持が十分にできていない業者なども少なくありません。

なお、探偵業法という法律もあり、仕事を行う際には依頼者から「調査利用目的確認書」の交付を受けることが義務付けられています。

このように、日本における探偵は必ずしもステータスを獲得できているものではなく、やや実体が捉えにくいという面もあります。そのため事件捜査など華やかな業務ではなく地味な素行調査がメインとなっていることが多いのです。

関連エントリー
探偵とは
探偵になるためには
探偵の依頼料について
探偵業の種類
探偵の権限
探偵の選び方
探偵と問題点
日本の探偵事情
探偵の調査方法
探偵の業務内容