トップページ > 探偵になるためには

探偵になるためには

ミステリー小説などの影響で子供の頃に探偵に憧れていたという人も多いのではないでしょうか。では、実際に探偵になるためにはどうすればよいのでしょうか。

日本の探偵はなるためにとくに資格が必要となるわけではありません。そのためなろうと思えばすぐになることができます。ただ、実際に職業として食べていくためにはやはりそれなりの技量や信用が必要となってきます。

探偵になるための方法としては大きく分けて二つ。探偵の養成学校に通うか、興信所などに就職してキャリアを積んでいくかです。養成学校では調査や尾行など探偵に必要なノウハウを教えてくれます。卒業時には証明書を交付してもらい、就職活動を有利にすることができますし、独立開業のサポートをしてくれる場合もあるようです。ただし、費用は相当高くつきます。

興信所や探偵事務所に就職するか、アルバイトで実際に仕事に携わる方法は探偵のキャリアを積む上でもっとも理想的な方法となるでしょう。調査の現場に直接触れることは何物にも変えがたい経験となるはずです。

なお、独立開業する際には特に届出は必要ありません。ただ大阪府だけは例外で、興信所などを設立する際には届出が必要になります。また、義務ではありませんが日本調査行協会というものがあり、全国の多くの興信所や探偵事務所が加盟し、交流や情報交換などを行っています。

このように、探偵を始めようと思った場合はまず地道にキャリアを積むことがまず必要となってくるのです。

関連エントリー
探偵とは
探偵になるためには
探偵の依頼料について
探偵業の種類
探偵の権限
探偵の選び方
探偵と問題点
日本の探偵事情
探偵の調査方法
探偵の業務内容