トップページ > 探偵の依頼料について

探偵の依頼料について

探偵に依頼する際にもっとも気になるのが依頼料です。もともと依頼料は探偵事務所・興信所によって異なるうえ、あまり情報が入ってこない業界ですからどれぐらいが相場なのかよくわからないのです。

探偵の調査料はまず調査の内容によって異なります。もっとも多い素行調査や浮気調査、所在調査などは安い場合には10万円程度で利用できる場合もあります。

それから動員する人数。当然多数の調査員が導入されればされるほど料金は高くなります。よく相場と言われるのが1人につき時給1万円程度。何人動員してどれぐらいの時間働くかによって依頼料が大きく異なってきます。素行調査や浮気調査の場合、満足のいく証拠が得られるまで長い時間がかかってしまうこともあるため、依頼料が高額になってしまうこともあります。逆にストーカー対策や盗聴器・盗撮器発見のようにある程度作業時間が予想できる内容なら最低限の費用で済ませることもできます。

もうひとつ大きなポイントとなるのが経費。尾行などをする際には交通費などがかかる場合があります。そういった調査にかかる経費も原則として依頼者が負担することになります。この経費を巡ってトラブルが生じる場合もあるので注意が必要でしょう。

料金体系の事務所ごとに異なってきます。基本料金をメインにしているところや、基本料金は最小限、その代わり依頼を達成した際の成功報酬をメインにしているところなど。調査を依頼する際にはあらかじめ料金の問題をしっかり解決しておくことが重要となるでしょう。

関連エントリー
探偵とは
探偵になるためには
探偵の依頼料について
探偵業の種類
探偵の権限
探偵の選び方
探偵と問題点
日本の探偵事情
探偵の調査方法
探偵の業務内容