トップページ > 探偵と問題点

探偵と問題点

浮気調査や離婚訴訟の証拠収集、あるいはストーカー対策など。現代社会は探偵が活躍する余地が増えており、需要も高くなっています。そんな状況に合わせるように問題となってきているのが悪質な業者の問題です。

探偵が行う調査は依頼者のプライバシーに触れるような内容のものが多く、依頼者が弱みを抱えてしまうことも多いのです。また、浮気やストーカーの問題では依頼者はかなり追い詰められてしまっていることも多いものです。悪質な業者の中にはそういった依頼者の足下を見るように高額な費用を請求してくる場合もあるのです。

こういった業者の特徴としては基本料金を安く設定しておきながらあとになってあれこれと追加料金を請求してくるタイプです。まともに調査をしていないにも関わらずズルズルと期間を引き延ばして追加料金を請求してくることもあります。

また、高い依頼料を請求しておきながら安いアルバイトを使ってズサンな調査を行って調査対象にバレてしまうという問題もあります。この場合、依頼者にも迷惑が生じてしまう事態も考えられます。

最悪の場合では調査で得られた秘密をネタに依頼者を脅迫してくることもあります。明らかに不法行為にも関わらず弱みを握られてしまっているために泣き寝入りしてしまうことも多いのです。

こういった問題点に対処するため2007年6月には探偵業法が施行され、契約の際には事前に依頼者が「調査利用目的確認書」を交付することが義務付けられるようになりました。とはいえ、やはり悪質な業者に引っかからないことが大前提となります。業者選びはしっかりと行うようにしましょう。

関連エントリー
探偵とは
探偵になるためには
探偵の依頼料について
探偵業の種類
探偵の権限
探偵の選び方
探偵と問題点
日本の探偵事情
探偵の調査方法
探偵の業務内容