トップページ > 探偵の調査方法

探偵の調査方法

浮気調査やストーカー対策などさまざまな調査を行う探偵。ではどのような調査方法で仕事を行っているのでしょうか。

もっとも基本となる調査方法が尾行と張り込みです。調査対象と直接向き合う形で行うものです。尾行には大きく分けて単線尾行と複線尾行の2種類があり、単線尾行は調査員1人が調査対象を尾行する方法、複線尾行は複数で尾行する方法です。複線尾行の方がより確実なのはいうまでもありませんが、その分依頼者にとっては費用がかかるといった問題もあります。

それから張り込み。この調査の基本は「待つこと」。待ち時間をどれだけ辛抱強く過ごし、ほんのわずかなチャンスを逃さないかがポイントとなります。そのためには長時間張り込んでいても周囲の人たちから不審に思われない場所選びが重要となってきます。張り込み場所がない場合や、ずっと立ちっぱなしで張り込まなければならない場合など、探偵としての手腕が問われることになります。

聞き込みも重要な調査方法となるでしょう。警察のように直接調査対象について訪ねることができず、うまく情報を引き出すような聞き込み方が重要となってきます。当たり障りのない話題から少しずつ知りたい情報の核心に迫る方法や、怪しまれないよう身分を偽って聞き出すといった手腕が求められるのです。下手に詮索すると「怪しい人が聞きまわっている」といった噂が周囲に流れてしまうので特に注意が必要です。

そのほか、決定的な証拠を得るためには写真の撮影も必要になります。この場合、盗撮など反社会的な方法で撮らないことが大前提となります。決定的なチャンスを逃さずに鮮明な画像を撮ることが求められるのです。このように、調査方法には探偵ならではのさまざまなテクニックが求められることになります。

関連エントリー
探偵とは
探偵になるためには
探偵の依頼料について
探偵業の種類
探偵の権限
探偵の選び方
探偵と問題点
日本の探偵事情
探偵の調査方法
探偵の業務内容