トップページ > 探偵の業務内容

探偵の業務内容

探偵はどのような業務を行っているのでしょうか。調査がメインの仕事ですが、その調査にもじつにさまざまな種類があります。

まずもっとも多いといわれているのが素行調査。調査対象者に不審な行動がないかどうかを調査するものです。代表的なものが浮気調査となります。そのほか、産業スパイの調査や従業員の素行調査など企業が依頼するタイプの素行調査もあります。張り込みや尾行など探偵といわれて多くの人がイメージする調査方法が行われるものです。また、結婚する際、結婚相手に不審な点がないかどうか婚約者やその家族が素行調査を行う場合も多いようです。その場合は本人の挙動だけでなく、財産環境や金銭感覚といった点も調査対象となります。

それから人探し。これも探偵の重要な業務であるとともにさまざまな種類があります。まず家出人探し。それから夜逃げなど債務を抱えたまま行方をくらませた者を探すものや、連絡が途絶えてしまった依頼者の友人や恩人、かつての恋人などを探す場合もあります。

それから最近増えているのがストーカー対策。不審人物の割り出しや警察や話を持ち込む際の証拠収集、あるいは盗撮器や盗聴器のチェックなどがおもな業務となります。ストーカー問題は警察に相談しても後手後手に回ってしまうことが多いだけに、探偵の役割が非常に重要となります。

その他保険などの信用調査や詐欺関係の調査、特殊なケースではテレビ番組の依頼を受けて特定の対象を調査するといったケースもあります。じつにさまざまな内容の業務を行っているのです。

関連エントリー
探偵とは
探偵になるためには
探偵の依頼料について
探偵業の種類
探偵の権限
探偵の選び方
探偵と問題点
日本の探偵事情
探偵の調査方法
探偵の業務内容