トップページ > 妻子持ちの男性と不倫した友人

妻子持ちの男性と不倫した友人

"大学時代に、アルバイトでキャバクラで働いていた友人がいました。
お客さんの中にはもちろん既婚者もいて、やがて彼女はその中の一人と付き合うようになったんです。

相手は会社の管理職で、妻子持ち。
彼女にいろいろプレゼントするようになって、彼女も彼に夢中。
やがて大学の近くにマンションを買ってもらい、そこに住むようになりました。
もちろん、彼は時間があるときに彼女とそこで過ごします。
週末は一緒に温泉旅行をしたり、買い物に行ったり、二人きりの時間を満喫していました。

彼女は不倫関係だと自覚していましたが、罪悪感は全くありませんでした。
それよりも、彼と会うのに制限があること、誰もこの関係を理解してくれないことに、不満を持っていました。
「一緒にいて、子どもから携帯に電話がかかってきた時に、楽しそうに話してる姿をみてると寂しくなる」
そんな風に話していました。

結局、一年も経たず彼女はその人と別れることに。
相手の気持ちが冷めたことが原因でした。

不倫というのは制限がある関係だからよけいに燃えて、人を盲目にさせるのかなって思います。

"

関連エントリー
夫婦喧嘩
夫婦喧嘩犬も喰わないって、昔の人は上手いこといいます。
夫婦ゲンカはとてもいいこと
不倫の代償
町内不倫
浮気も不倫も許せません
浮気や不倫は相手を傷つける最低の行為です
妻子持ちの男性と不倫した友人
父の話
ファミリーレストランは恥ずかしかった。
見た目を気にする人とは無理です
理想を求めすぎてはダメ
洗面所の使い方が気に食わないです
恋愛で付き合いたくない人に関する条件
焼き肉屋さんでデート